つみたてNISA

つみたてNISAのリバランス: 米国指数連動の投資信託に集中

1年以上ぶりに、iDeCoとつみたてNISAをリバランスしました。 掛け金について つみたてNISAは、年間上限の400,000円を消化できるよう積み立てしています。 一方、iDeCoは月に10,000円のみ積み立てしてい...
その他投資

ロボアドバイザーの実績(27ヶ月目)

2017年ごろから、ロボアドバイザーにもお金を預けています。積み立てなどはせず、ごく少額で預けきり。何のメンテもせずほっぽりっぱなしです。 テオにお任せ設定すら、何もいじっていません。 久々に見てみたところ、約11%。年利5%の...
FX

FXブロードネットのキャッシュバック内容・期限まとめ

私は米国オプション取引が気に入っていて、特に不満はなく運用しています。他の金融商品に乗り換える予定は無いのですが、詳しく知らないまま否定するのは良くないと思い、他の商品も少額運用しています。デモトレードではなく、あくまでリアルマネーで取引を...
健康

一生に一度受ければ良いABC検診

今日は、投資ではなく健康の話を。 米国オプション取引の書籍で有名なKAPPA先生ですが、本業はお医者さんです。ブログでは、医学の話も度々登場します。その中で触れられていたABC検診。 胃がん検診に思う|医学と投資についての随想 ...
米国オプション投資

Interactive Brokers証券の金利が上がっている?

先日、Interactive Brokers証券の受取金利・支払金利についてまとめましたが、過去のデータを発見した人なら、金利が上昇したことに気づくと思います。今回は、その詳細についてまとめました。 なお、前回の金利について詳しくまと...
米国オプション投資

凡人・上手・達人・名人・仙人・神

ギャンブルは(まだ)やらないのですが、ギャンブル漫画は名作も多いので、たまに読みます。 前から興味があった競馬漫画、甲斐谷忍の「ウイナーズサークルへようこそ」の第3話、回収率別ユーザーの行動について書かれた回は、これまで薄々感じていた...
米国オプション投資

オプション取引、プット売りで失敗するとき

手間もかからず、それほど利益率が高くないながらも、毎月現金を得られることが多いプット売りですが、やり方を間違えると失敗につながります。 ここでは失敗=大損、大きな損失確定と定義して、失敗するパターンをそれぞれ挙げています。 Nake...
米国オプション投資

アメリカ金融商品の取引時間の調べ方

日本の金融商品の取引時間の場合、サマータイムもなければ、日本在住なら祝日もわかりやすいので、あまり混乱することはありません。 しかし、アメリカの金融商品となると、サマータイム・現地の祝日・商品や銘柄別などなど、複数の条件があります。さ...
米国オプション投資

米国の銀行/証券口座のJoint Account (ジョイント・アカウント)化

基本的に日本の銀行口座や証券口座にはない、Joint Account。2名以上で所有できる銀行口座や証券口座です。 主に、夫婦や家族間で、共同の生活費や家賃を引き出すのに使われます。 日本の銀行口座・証券口座しか所有していないの...
米国オプション投資

Interactive Brokers証券の受取金利・支払金利まとめ

Interactive Brokers証券では、使っていない現金残高に対して、受取金利を設定してくれます。一方、Reg T マージン口座などで借り入れが発生すると、支払金利が課されます。 Interactive Brokers証券での...
タイトルとURLをコピーしました